続々・注文の多いAV嬢

 そのAV嬢がつくってくれた早めの晩ご飯は、とても家庭的で、美味しかった。

 トリの唐揚げ水餃子各30個冷や奴2斤
肉野菜炒め大皿に、白米がどんぶりに山盛り。それらの豪華な食卓をまたいで、どうぞとビールをコップに注いでくれながら、恋人らしい笑みを浮かべ、彼女はこんな注文をしてくる。

いっぱい食べてね(ハートマーク)

 栄養のバランスも悪くない。ただ量感覚があきらかに、おかしい。

 さすがに大食いの私も残しそうになる。

美味しくなかった?

と、寂しげな表情で訴えかけてくる彼女。まるで、この世の終わりが近づいているかのような、暗い表情だ。

いやいや、休憩だから。これからはお酒飲みながらゆっくり食べるから。

 本来、あまり得意ではないビールを缶酎ハイに変え、私は残ったおかずを、冷や汗を垂らしながら胃袋へと流し込む。

 そのAV嬢は、主に水餃子と野菜炒めを申しわけ程度につまみながら、酒のペースをゆるめない。すでに、ちゃぶ台にどかんと置かれたフォアローゼスを、ストレートの手酌でぐいぐいイッている。

観て観て〜! アタシが出てるブイ!!

 次の新しい注文だ。私をその気にさせたいのか、少しでも”アタシを知ってもらいたい”のか、単にヒマつぶしなのか、それとも自分の作品が男側にはどう映るのかを確認するAV嬢としての職業意識なのか、意図がよくつかめない。

 とは言え、性癖として、本人を目の前に本人が出演するアダルトビデオを鑑賞するという行為は、相当に欲情する。

オナニーしたくなったらしていいからね。

 私のリビドーを駆り立てる魅惑の注文。しかし、ここはなんとなく我慢したい。だって、出せばあとのセックスに響くではないか。私は一度射精すると、回復に最低6時間はかかってしまうのだ。

 そのAV嬢が3本目の主演作品をビデオデッキに挿入する。

 男だったら、たいがい早送りするであろう寸劇の部分も通常再生で、じっくりと観る。すでに2時間が経過しようとしていた。フォアローゼスのボトルは早くも3分の2以上が空になっている。私はもっぱら缶酎ハイで、喉を潤す程度にチビチビと口にするだけだ。

オナニーしてくれないの?

 寂しげな表情で彼女が注文を上乗せする。この世の終わりが近づいているかのような表情だ。

 もはやザーメンの量を計算しつつ行動する雰囲気ではなくなってきた。しょうがないから、私はそのAV嬢が見守るなか、ズボンとパンツを脱いでオナニーする。

ねえ、コレさあ……せめてなんとかしてくんない?

 怒張しきった股間を指さし、私は彼女に会って初めての注文をしてみる。

ゴメちゃんとはプラトニックでいたいから、フェラだけだよ!

と、そのAV嬢は私のイチモツをくわえ、舌を複雑に這わせてくる。挿入しなければプラトニックというモラル観なのか? テレビのモニター上で、彼女本人が二人の男優に姦されている。まもなく私は果ててしまう。

うれしい……アタシのブイでこんなに早くイッてくれて。

 口からザーメンをティッシュに吐き出しながら私の早漏をねぎらうと同時に、彼女はベッドに横たわる。添い寝してみると、もう寝息を立てていた。

私はこれからどうすればよいのか?

 とりあえず眠ろう。今日はいろんなことが、ありすぎた。

前編はコチラ↓

PROFILE

山田ゴメス
山田ゴメス
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
OL、学生、フリーター、キャバ嬢……1000人以上のナマの声からあぶり出された、オヤジらしく「モテる」話し方のマナーとコツを教えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


八 − 1 =