辣腕コメント

 熱狂的な虎キチである私としては、あるまじき行為であるが、
ひょんなきっかけで報知新聞に目を通していると、
社会面に面白い記事が載っていた。

 かいつまんで説明すれば、

京都にあるコンビニで、毎週週刊現代一冊だけを定期的に万引きし続けていた64歳・無職の男が捕まった。
(ちなみに、動機は「伊集院静氏の連載コラムを立ち読みではなく家でじっくり読みたかったから」であるらしく、「そのコラムを読み終えたらすぐに捨てていた」とのこと)

といった内容なんだが、それに対する週刊現代編集長のコメントが、なかなか気が利いてて、
秀逸なのだ。

ご愛読ありがとうございます。
今後はお買い求めいただきますようお願い申し上げます。

 さすが、近ごろ部数を飛躍的に伸ばしている(という噂の)週刊誌編集部の長!

 脱帽です!!

110524_144112.jpg
けっこうデカく扱われてました。

2011.05.25 |  5件のコメント

PROFILE

山田ゴメス
山田ゴメス
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
OL、学生、フリーター、キャバ嬢……1000人以上のナマの声からあぶり出された、オヤジらしく「モテる」話し方のマナーとコツを教えます

“辣腕コメント” への5件のフィードバック

  1. まる より:

    ほお~
    わたしは、林真理子コラム目当てで
    文春買ってマス。
    「現代」は、放射能ネタが大胆で
    なんかおっかないです・・・

  2. ごめす より:

    私の父は、私の物心ついた頃から、今に到るまで「新潮」一筋です。新潮はエロ頁がないので、父が持って帰ったものでオナニーできなかったのが辛かったです。(ゴ)

  3. タカ より:

    「週刊現代」は面白いですね。
    でも最近は、sex関係の記事が無いのが寂しいです。

  4. beco より:

    『現代』は、街の女性たちに自分のアンダーヘアを描かせたスケッチブックを持たせて、さわやかにスナップしていた袋とじ企画が秀逸でした。私は『文春』派ですが。

  5. ごめす より:

    文春は女性に圧倒的な人気がありますね。ボクは、週刊誌だと正確にはアサ芸派です。あ、あと、SPA!を忘れてはいけませんよ!(ゴ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


5 × 五 =