三高から四低!?

 まだバブル経済
浮かれる気分が
抜けきっていなかったころ、
女性が男を見定める条件として

3高(高学歴・高収入・高身長)

なる言葉がもてはやされたが、
日刊ゲンダイにあった記事によると、
今は、

4低

なんであるそうだ。
(ちなみに、その前には平穏・平均的な収入・平凡な容姿の「3平」なんてのもあったという)

 なにを4つ、
低くしなければ
ならないのかってえと、

まずは、
低姿勢(女性に威張らない)
そして、
低依存(家事を女性に頼らない)
と、
低リスク(リストラされない)
で、最後は、
低燃費(節約できる)

であるらしい。

 バブル期は薄給の画材屋勤めで
その恩恵をまったく受けていなかった
私としては、
「3高」という女子たちの身勝手な言いぐさを
耳にするたびに、思わずイラッときたものだが、
時代の流れによって、
高かったものが低くなり、
3つに1つがオマケながらプラスされたからといって、
しょせん女子側の都合に踊らされた

傲慢なイメージ

は拭えない。

 どうせなら、
もっとストレートに
3高とは真逆

低学歴・低収入・低身長

3低

を唱ってみるのはいかがだろう。

学歴よりも手に職があって、
身の丈に合わないアブク銭には目もくれず、
ジャニーズのように背の低い可愛い男

 わりとイイ線突いてる

とも思うのだが……?

PROFILE

山田ゴメス
山田ゴメス
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
OL、学生、フリーター、キャバ嬢……1000人以上のナマの声からあぶり出された、オヤジらしく「モテる」話し方のマナーとコツを教えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


7 − 一 =