家庭常備用吉ギュウの具

 不思議なことに気がついた。

 デイリースポーツ一面の最下段に、
ふと目が止まったときのことである。

お店の味を
ご家庭で!
「吉野家の牛丼」
大好評!!

 まあ、なんてことはない

冷凍された吉ギュウの具

宅配サービスの広告だ。

 たしかに常備してると
便利かもしれない。
宅飲みしてて小腹がすいたら
食っちゃうかもしれない。

 でも、値段を
よ〜く見てみると……

並盛り15袋で
5250円(税込)!

 じつに

一袋350円

の計算になるではないか!!

 高っ!

そう思いません?

店で食べるより30円安いだけ。
白米もついていないのに、だ。

 だったら、
お店まで行ったほうが
出来たてだし、
なんもしなくていいし……。

 いったい、
どんな種類の人が
コレを欲して
購入しているのだろう?

 やはり、

吉野家フリークは
私の想像を絶するくらい
フリークで、
しかも
吉野家へと歩いて通える
幸運な環境に住まう人は
ホンの一握り

ってことなんだろうか?

コレを使って肉じゃがやすき焼き風に調理するのもオススメらしい。

PROFILE

山田ゴメス
山田ゴメス
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
OL、学生、フリーター、キャバ嬢……1000人以上のナマの声からあぶり出された、オヤジらしく「モテる」話し方のマナーとコツを教えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


+ 六 = 15