男が「死んだら見られたくないPCの中身」ワースト10

週刊SPA!が20代~30代の女性に対して行ったアンケートでは「パートナーの男性が急死したら、故人のPCの中身をチェックする」と答えた女性が72%という結果に。これに対する男性の反応は「恐ろしい……」「自分が死んだ瞬間に消滅するPCがほしい」などなど。世の男性は、それほどまでに「見られたらヤバいブツ」をPCやケータイの中に抱えているものなのだろうか? というわけで、男性100人にアンケートを取ってみた。

デジタル終活, トラブル, ネットQ.あなた自身が、なんらかの理由で急死する可能性を考えたとき、あなたのデジタル環境(ケータイ、パソコンなど)に「嫁や彼女に見られたくないもの」はありますか?

・ある 94人
・ない 6人

 ……圧倒的である。

 一体、何を見られるのをそれほどまでに恐れているのか? 以下、ランキングで紹介すると共に、実際に嫁や彼女がそれらを発見した場合の「危険度」(=「思い出に傷がつく」と回答した女性の%)をお知らせしよう。

【男が「死んだら見られたくないPCの中身」ワースト10】

●10位「日記」 8人

まぁ、日記を他人に読まれたい人はいないだろう。中身に「嫁や彼女に対する愚痴や悪口」が書かれていた場合の危険度は「82」と高いので注意。

●9位「アイドルや女子アナの動画や画像」 10人

危険度「31」。気にするほどのものではないだろう。ただし「女子アナの名前別にフォルダが作ってあったり、妙にデータが整理されていたら引く」(29歳・主婦)とのコメントも。

●8位「二次元のエロ動画や画像」 12人

危険度「45」。オタク系エロについても、思うほど拒否反応はないようだ。

●7位「出会い系サイトに登録していた痕跡」 16人

やはり「浮気」を匂わせる項目については、とたんに拒否反応が強くなる。危険度「77」。32%の女性は「墓参りを拒否するレベル」とまで!

●6位「倫理的に問題のあるエロ動画や画像(幼女趣味、レイプものなど)19人

エロコンテンツは一般的に「許される」傾向にあるが、ヘンタイ趣味は例外。危険度「71」。

●5位「自分の恥ずかしい写真(ハメ撮り、女装など)」 20人

危険度「69」。内容に対する拒否反応というよりは、「知りたくなかった一面を知ってしまった」という虚脱感のほうが強いようだ。

●4位「元彼女との写真やメール」 22人

危険度「69」。いかに牧歌的な内容のものであろうと「わざわざ取ってあった」という事実に残された嫁や彼女は傷つく。

●3位「浮気の証拠になるような、メールやLINEのやりとり」 25人

危険度「85」。墓参り拒否は43%。まぁ当然といえば当然である。

●2位「浮気とまではいかないが、パートナー以外の女性との親しげなメールやLINEのやりとり」 27人

危険度「73」。とりわけLINEは、単なる仕事相手とのやりとりでも、妙に親しげな雰囲気が醸成されがちなので要注意!

●1位「一般的なエロ動画や画像」 61人

気にする男性の人数が圧倒的に多いのがこちら。だが、実際には危険度「40」と低め。AVくらい誰だって見てるでしょ、ということだろう。

 というわけで、1位の「一般的なエロ動画や画像」を例外として、基本的には、男が「見られたくない」と感じているものほど、実際に見られたら非常にマズい……という傾向がおわかりいただけたことと思う。人生、何が起こるかわからないもの。残された大事な人を悲しませないためにも、ヤバいコンテンツの管理法を今一度見直したいものだ。

『週刊SPA!』4月1日号特集「35歳から始める[デジタル終活]完全ガイド」のバックナンバーも、ぜひ参照いただきたい。

<取材・文/日刊SPA!取材班 撮影/高仲建次>

週刊SPA!4/1号(3/25発売)

表紙の人/桜庭ななみ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
人生は決して諦めないこと…映画『トランボ』に学ぶ
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日——フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」——46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな——連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中