日本人は「自分でお釣りを数える癖」をつけた方がいい

週刊SPA!連載「ドン・キホーテのピアス」<文/鴻上尚史> ―

外国で「かもられる日本人」 千円ちょっとの買物をして一万円だしたとするでしょう。最近はレジの店員さんは、たいてい目の前で、お釣りのお札をお客さんに見せながら数えますね。「ご確認下さい。千円、二千円、三千円……」と、カウントしながらこっちに示しますね。

 そのたびに、僕は内心「それはどうなんだろう」と困っているのです。

 どういうことかと言うとね、目の前でお札を数えながら、受け取ってみると一枚足りなかった、という手品みたいな技をやられたことが、パリとナイジェリアであります。

 ナイジェリアが最初です。もう何年も前ですが、露店でお土産を買った時です。三十代と思える男性が目の前で十ドル札を数えました。その数え方がなんだかおかしいとふと思ったのです。

 男は左手にタバコの箱とお札を持ち、右手でお札を一枚一枚数えました。数え終わって、僕にそのお札の束を右手で渡しました。

 お札を受け取った僕は、反射的にタバコの箱を彼の手からひょいと取り上げました。いきなりだったので、相手も虚を衝かれたようで、簡単にタバコの箱は取れました。

 すると、彼の左のてのひら、タバコの箱の下には、十ドル札が一枚、隠れていたのです。

 僕は、「オッオウ!」なんて軽く言って、渡されたお札を数えました。案の定、一枚足りませんでした。その男は、数えながら、見事な技で一枚、抜き取って、タバコの下に隠していたのです。男は苦笑いして、その一枚を渡してそれで終りでした。

 二回目はパリです。大衆的な飲み屋さんでした。お札を数える、四十代の男性の動きに、一瞬、「ん?」と思いました。が、その時は、ワインなんぞを飲んでいて、なおかつ、相手はタバコの箱みたいな隠すものを持ってなかったので、まあいいかと思ったのです。店を出て、少し歩き「いやいや、待てよ」ポケットから取り出すと、見事に10フラン札が(まだ、ユーロになる前です)一枚、足りませんでした。

 なにか変な感じは当たっていたのです。ただし、ナイジェリアの男よりは技術があきらかに上でした。

◆自分で自分を守る生活の知恵

 基本的に、世界のほとんどの国では、お釣りはその場でもらう方が数えます。つまり、お客さんであるあなたや僕が確認するのです。お店の人には任せません。

 日本では、コンビニの袋の持つ部分を店員さんがねじって持ちやすいようにして、オヘソの前で手を組んでお辞儀して、お釣りをお客さんに代わって数えるようになりました。まあ、便利ですね。

 んで、もうすぐ「日本人はお釣りを自分で数えない」という情報が世界中に広がるでしょう。みんな、親切な振りをして、日本人観光客の前でお札を数えて、そして抜くのです。

 もちろん、これは技術が必要です。ナイジェリアのにいちゃんは、なんか、マジックが趣味の素人に毛が生えたタイプでしたから、なんとなく、見抜けました。でも、彼も今頃は上達しているはずです。すでに、タバコの箱なんか使わず、難なく指にはさみ、手の反対側とか袖口に隠せるレベルに達しているかもしれません。やっぱり、日々の地道な努力が勝利するのです。

 逆に言えば、日本人で、「抜き取りの技」を身につけている人からすれば、日本は「小銭稼ぎの天国」になるはずです。ほとんどの日本人は、目の前でお札を数えられたら、それを受け取って、もう一度確認したりしません。僕も、自分であらためて数えようとすると、「なんだか、相手を信用してないように思われるだろうな。それは嫌だな。傷つけたくないな」と思って、ためらいます。ここが世界との違いです。ほとんどの国では、店員が数えても、自分でもう一度、平気で数えるのです。

 じつは、日本人も「自分でお釣りを数える癖」をつけておいた方が絶対にいいだろうと僕は思っています。それが、自分で自分を守る生活の知恵だし、世界中どこにでも行ける旅人の処世術だと思うのです。

 最近は、特に、目の前でお釣りを数える店員さんの動きに、妙なアピールを感じるのです。きっちりしているというか、「私が数えたんだから、あなたは数える必要はないですからねっ!」という気迫さえ漂うように思うのです。

 かくして、日本人は世界でぼったくられていく、と僕は思うのさ。

※「ドン・キホーテのピアス」は週刊SPA!にて好評連載中

コミュニケイションのレッスン

「コミュニケイションは技術」という視点から考える実践書!


不安を楽しめ!

3.11以降の世界で不安を抱えながらも、それでも楽しく生きる術を鴻上尚史が提言する

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】
 最強の恐竜とは何か?と聞かれれば、誰もが思い浮かべるのがティラノサウルスだ。映画やアニメなどでおなじみの肉食恐竜だが、ティラノサウルスがなぜ最強なの…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中