日本人は「自分でお釣りを数える癖」をつけた方がいい

週刊SPA!連載「ドン・キホーテのピアス」<文/鴻上尚史> ―

外国で「かもられる日本人」 千円ちょっとの買物をして一万円だしたとするでしょう。最近はレジの店員さんは、たいてい目の前で、お釣りのお札をお客さんに見せながら数えますね。「ご確認下さい。千円、二千円、三千円……」と、カウントしながらこっちに示しますね。

 そのたびに、僕は内心「それはどうなんだろう」と困っているのです。

 どういうことかと言うとね、目の前でお札を数えながら、受け取ってみると一枚足りなかった、という手品みたいな技をやられたことが、パリとナイジェリアであります。

 ナイジェリアが最初です。もう何年も前ですが、露店でお土産を買った時です。三十代と思える男性が目の前で十ドル札を数えました。その数え方がなんだかおかしいとふと思ったのです。

 男は左手にタバコの箱とお札を持ち、右手でお札を一枚一枚数えました。数え終わって、僕にそのお札の束を右手で渡しました。

 お札を受け取った僕は、反射的にタバコの箱を彼の手からひょいと取り上げました。いきなりだったので、相手も虚を衝かれたようで、簡単にタバコの箱は取れました。

 すると、彼の左のてのひら、タバコの箱の下には、十ドル札が一枚、隠れていたのです。

 僕は、「オッオウ!」なんて軽く言って、渡されたお札を数えました。案の定、一枚足りませんでした。その男は、数えながら、見事な技で一枚、抜き取って、タバコの下に隠していたのです。男は苦笑いして、その一枚を渡してそれで終りでした。

 二回目はパリです。大衆的な飲み屋さんでした。お札を数える、四十代の男性の動きに、一瞬、「ん?」と思いました。が、その時は、ワインなんぞを飲んでいて、なおかつ、相手はタバコの箱みたいな隠すものを持ってなかったので、まあいいかと思ったのです。店を出て、少し歩き「いやいや、待てよ」ポケットから取り出すと、見事に10フラン札が(まだ、ユーロになる前です)一枚、足りませんでした。

 なにか変な感じは当たっていたのです。ただし、ナイジェリアの男よりは技術があきらかに上でした。

次ページ自分で自分を守る生活の知恵

コミュニケイションのレッスン

「コミュニケイションは技術」という視点から考える実践書!


不安を楽しめ!

3.11以降の世界で不安を抱えながらも、それでも楽しく生きる術を鴻上尚史が提言する

女性からみた「買ってはいけない夏のユニクロ」ワースト3を発表

MEN プリントシャツ(半袖)
 梅雨が明けたらいよいよ本格的な夏がやってくる。今年の夏は例年以上の暑さとも言われているが、だからこそ爽やかに夏服を着こなしたいもの。  数あるファス…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(8)
メンズファッションバイヤーMB
梅雨シーズンの「薄毛対策」3選…茶髪、湯シャン、サプリを実践してみた
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
トレーダー目線で検証!アベノミクスは「失敗」か「失速」か
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
忙しすぎるビンスの3つのアジェンダ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第120回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
好きな女性には「きれい」と言え。
大川弘一の「俺から目線」
それでもモヤシはいやねぇ――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
沖縄移住を実現する7つのプラン――世界を6周半した男の大提言
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中