ニュース

「梅毒」が一般女性にも感染拡大。スマホの影響か

 また、感染に関しては一般女性が怖いという指摘もある。 「これまで風俗で働く女性に陽性反応が出るケースはありましたが、ここ数年は一般女性に感染者が拡大している。また、風俗従事者たちは危険を自覚しているので定期検診を受け、治療も早期にします。一方、一般の女性はまさか自分が梅毒感染者だとは思わないので、パートナー男性の感染が発覚するまで気づかないことが多いんです」(「池袋クリニック」の院長を務める村上雄太氏)  また、「若年層の感染拡大はスマホによる影響が大きいのではないか」という意見もある。 「私の医師仲間から聞いた話では、感染経路と疑われる相手が会社内の地味な若い女のコで『まさかあんなコが……』と絶句した患者さんもいたとか。スマートフォンの普及や見た目がかわいい出会い系アプリが増えたことで、若い女性が見知らぬ男性と気軽に出会えるようになったことが感染の拡大した要因かもしれません」(内科・泌尿器科医の大和宣介氏)  現役女医として多くの患者を診てきた清水なほみ氏も「若い女性は梅毒をよく知らない」という。 「梅毒という名前自体、今の若い女性にはピンとこないのか症状が一旦、治まったことで安心して受診しない事例が多いんです。しかも妊娠期に感染していると母子感染の恐れがある。子供が先天性梅毒になったり、最悪、流産してしまう場合もあります。予防のため、妊娠前は一通りの性感染症検査を受けることを勧めます」
次のページ 
梅毒に感染している人はHIVを合併感染している事例が多い
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事