雑学

赤毛ヤリマンとの切ない恋の話――爪切男のタクシー×ハンター【第八話】

 終電がとうにない深夜の街で、サラリーマン・爪切男は日々タクシーをハントしていた。渋谷から自宅までの乗車時間はおよそ30分――さまざまなタクシー運転手との出会いと別れを繰り返し、密室での刹那のやりとりから学んだことを綴っていきます。

【第八話】「二人の女で悩んだら銃の似合う女を選びましょう」

 ペンギンだ。

 今回のタクシー運転手はペンギンに似ている。誰がなんと言おうとペンギンだ。ペンギンの癖にとにかくよく喋る。

「お客さん、私ね、今はしがないタクシー運転手しているんですけどもね」
「……」
「いつか、タクシー運転手にしか書けない本を書いちゃおうと思ってるわけです」
「どんな本をお書きになるんですか?」
「それね! もう決めてます。お客さんから恋の話を聞きましてですね!」
「……」
「タクシー運転手が聞いた切ない恋の話! みたいな感じでいこうと思ってます。はい」
「まぁ……需要はありそうですね……」
「なので、お客さんにもご協力いただければとね! ひとつお願いします! こう……胸にキュンとくるのを! 是非!」
「じゃあ……お力になれるかわかりませんが、暇つぶしに話してみますね」
「はい! ありがとうございます! ドンと来てください!」

 私が編集長を務めていたメルマガ編集部は、私以外のライターが全員ラッパーという特異な環境に加え、全員が男ということで非常にむさ苦しい職場であった。

 ラッパーと一緒に街へと取材に繰り出した時、しばらく会っていなかった友人と偶然出くわしたラッパーは、路上にもかかわらず激しいハグを交わし、お互いの友情を確かめ合っていた。困ったことに、その友人が私にもハグを要求してきた。相手がヤク中丸出しの強面ということもあり、無下に断るわけにもいかず、仕方なくハグをしたのだが、さらに困ったことに、見ず知らずの男に抱きしめられただけなのに、私の心に安らぎという感情が生まれてしまったのだ。初めて会ったヤク中男に激しく強く抱きしめられる私の身体。乱暴な手つきなのになんと心地良いのだ。当時同棲をしていた彼女と抱きしめ合ってもこんなに心が落ち着くことはなかった。男に抱きしめられる快感に味を占めた私は、同様の機会があるたびに自分からハグを求めるようになっていった。家には愛する彼女が待っている。見知らぬ男に抱きしめられて心の安定を得る。稼いだ金でピンサロ、ホテヘル、ソープと風俗三昧。仕事の疲れが原因かはわからないが、少しずつ自分の精神が崩壊していくのを自覚していた。

次のページ 
ちょうどそんな時、編集部に新人の女子

1
2
3
4
5
死にたい夜にかぎって

もの悲しくもユーモア溢れる文体で実体験を綴る“野良の偉才”、己の辱を晒してついにデビュー!

⇒立ち読みはコチラ http://fusosha.tameshiyo.me/9784594078980





おすすめ記事