ニュース

トランプ大統領の真意は移民排斥ではない。日米のマスコミに騙されるな【評論家・江崎道朗】

「国境の壁」問題の背景

 では実際に、アメリカの移民問題の現状はどうなっているのか。  メキシコとの国境の壁問題で注目を集めているが、近年、アメリカの南部国境線を超えて、メキシコから恒常的に不法移民が流入している。アメリカ国内に不法滞在をしている、メキシコ人を中心とする南米からの不法滞在者の数は推定で1000万人以上いると言われている。  近年、メキシコ人の不法滞在者の中に混じって侵入してくる犯罪者やテロリストの数が増え、不法滞在の凶悪犯罪者で刑務所は満杯だ。  ところが、「不法」移民問題について批判するとマスコミから「人種差別主義者だ」と批判されることから、政治家たちの大半は「不法」移民問題に触れようとしてこなかった。  それは、利権も絡んでいる。共和党は酪農、農業組合が地盤なので、メキシコから不法に入国する人たちの安い人手に支えられている。人件費が安い不法移民がいたほうが儲かると考えている人たちがいるのだ。  一方、民主党は、ヒスパニックなどのマイノリティが増えれば、民主党の支持基盤が強くなるので、「不法」移民の増加を歓迎する傾向がある。  このため共和党も民主党も、口では国境警備の重要性を語っているが、実際は自分の政治生命や利権を第一に考えて、「不法」移民については何もしてこなかった。この結果、国境警備隊は国境の安全を守りたくても、両党の政治家の大半が不法移民の取り締まりに反対なので、思うように国境を守れないでいたのだ。  こうした、国民の安全が脅かされている現状に対して見て見ぬふりをする既成政治家たちと戦い、国民の安全を守るべくトランプ大統領は、「不法」移民問題に取り組んでいるのが現状だ。  トランプがアメリカ国民から支持されているのは、理由がある。その理由を正確に説明しないマスコミこそがテロリストの横行を助長し、国際社会を混乱に陥れているのだ。 【江崎道朗】 1962年、東京都生まれ。評論家。九州大学文学部哲学科を卒業後、月刊誌編集長、団体職員、国会議員政策スタッフを務め、外交・安全保障の政策提案に取り組む。著書に『アメリカ側から見た東京裁判史観の虚妄』(祥伝社)、『マスコミが報じないトランプ台頭の秘密』(青林堂)、『コミンテルンとルーズヴェルトの時限爆弾』(展転社)など’62年生まれ。九州大学文学部哲学科を卒業後、月刊誌編集長、団体職員、国会議員政策スタッフを務め、外交・安全保障の政策提案に取り組む。著書に『日本は誰と戦ったのか』(ベストセラーズ)、『コミンテルンの謀略と日本の敗戦』(PHP新書)など
1
2
3
4
アメリカ側から見た東京裁判史観の虚妄

アメリカを浸蝕したコミンテルンの魔手「ヴェノナ文書」で明らかにされた日米開戦の真実−。日本も、ルーズヴェルトも嵌められたのか? いまアメリカで進む「歴史観」の転換に迫る。


マスコミが報じないトランプ台頭の秘密

トランプが世界を救う!権利や平等の名の元で破壊されつつある米国に立ち向かうトランプ。米国の惨状とトランプ人気の秘密がコミンテルンハンターとして名高い著者によって明らかとなる!


コミンテルンとルーズヴェルトの時限爆弾―迫り来る反日包囲網の正体を暴く

外国勢力に手玉に取られる日本の現状に警告を発し、日本の取るべき対応の核心を衝く





おすすめ記事