仕出し屋というお仕事

 私がまだ、Hot Dog PRESSなどの若年男子向け情報誌の仕事を
ガンガンやりまくっていたころ、

仕出し屋

なる職業が、マスコミ業界で、けっこうな幅を利かせていた。

 一応、かいつまんで説明すると、

雑誌に載ったり、テレビに出たりする
素人の男女を
用途に合わせてブッキングする

いわゆるスキマ産業であって、たとえば

女子大生30人が誌面で公開彼氏募集!

などといった企画を立てたとすれば、

なるたけ可愛い女子大生を30人集めて
撮影現場に入れ込んで、
出版社側から支払われる謝礼の何%かをかすめ取る、

(雑誌に出させてあげるという上から目線で100%かすめ取るケースも珍しくなかった)

人脈だけを糧にした、薄利多売の仕事なわけだ。

 で、当時、そんなあこぎな人身売買を食いぶちにしていた

Hクン

という男がいたのだが、そのHクンに私が、
一度仕出しを発注したときの話である。

 ある雑誌で、

「おもろいカップル大集合!」

みたいな企画を立てて、
そのうちの一組として

「プロレスラーみたいな男と
身長150㎝以下の女の子を連れてきて」

と頼んだのだけど、

たしかに、彼が連れてきた
女子は見事に身長147㎝。一方の男は身長190㎝

でも、男の体重が60㎏にも満たないのだ。

 当然、私はHクンに、

「こんなガリガリのヒョロヒョロ
連れてきてどうすんだよ! 
話が違うだろ!?」

とクレームを入れる。

 ところがHクンは、

「馬場みたいでしょ? 馬場みたいでしょ?」

と言い張って譲らない。

 結局私もだんだんそのノッポが
なんとなく馬場に見えてこない、ようでもなく……
しょうがなしに裸にして赤いパンツをはかせて、
今度は私が担当編集を

「馬場みたいでしょ? 馬場みたいでしょ?」

と説得し、辛うじて事なきを得たのであった。

 また、私が直接被害こそ被りはしなかったが、
こういう話もあった。

 当時、そこそこ人気のあった
某グラビア系エロ本の編集部に、Hクンが

「完ペキ素人女子高生6人がお部屋でヌード!」

という大胆な袋とじ企画を
仕出し込みで持ち込んだ。

 ところが、その6人がイザ撮影となって、
(本当に女子高生だったかもかなり怪しかった、オマケに全員ブスだった、とたまたま現場に居合わせた某知人は、のちに語る)

「脱ぐなんて聞いてないんですけどー!」

と、ゴネはじめ、
(現場に連れて行けばなんとかなるだろう、とHクンは見積もっていたに違いない、とたまたま現場に居合わせた某知人は、のちに語る)

結局は、本来なら誌面で
もっともハードじゃなければいけないハズの
袋とじ16ページが、終始

パジャマパーティ

オンリーとなったのであった。

 慢性的な構造不況にあえぐ昨今のマスコミ業界、
とくに出版の世界では、もはや

絶対に許されないイイ話じゃないか

……とノスタルジックな気分に浸る私は

やはり、もう感覚が古いのだろうか?

 ちなみに
この仕出し屋なる職業、
今は経費削減の波にのまれ、

もはや絶滅寸前

だという。

PS:もう一度私用です。ニシケン、連絡請う!

PROFILE

山田ゴメス
山田ゴメス
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
OL、学生、フリーター、キャバ嬢……1000人以上のナマの声からあぶり出された、オヤジらしく「モテる」話し方のマナーとコツを教えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


− 5 = 一