続・あっちゃんの朝食

 前田敦子がAKB48を卒業!

するらしい。

 そんなわけで、
いくら偶然にせよ、

「今までまったく解せなかった
前田敦子人気の秘密を
ちょっとだけ
かいま見ることができたと思う
私であった」

などと書いてしまった前回の私のブログが、
結果的にとても間の抜けた
晒したまんまにしておくのが恥ずかしい
シロモノと化してしまったわけだが、

まあ、それはそれとして私としては、

AKB48のメンバーの人がAKB48を辞めちゃって
ホントに大丈夫なのか?

と、他人事ながら、普通につい心配してしまう。

 だって、あの人たちは、

「AKB48のなかではお洒落にうるさい」
「AKB48のなかではエロいほう」
「AKB48のなかでは背が高い」
「AKB48のくせに髪が茶色すぎ」

といった風に、

あくまでAKB48内のメンバー同士でしか
比較されていなかった

良く言えば純粋培養
悪く言えば内弁慶

ではないのか?

 いくら前田敦子がAKB48のエースだったとはいえ、

AKB48学園という都内屈指のワル高校の番長が
芸能界という特別少年院に入院したら
たんなる下っ端に成り下がってしまった

なんてことにはなりはしないだろうか?
(現に、以前板野友美がどっかのバッグブランドのイメージガールとして、道端ジェシカやローラほかの本業モデルたちと同じステージに並ばされて、「公開処刑」とネット上で評されていたこともあった)

 ただ私は、もし彼女が
これからフリーになって
芸能界でやっていくつもりなら、
一つ、いいプランを持っている。

「あっちゃんママの朝食レシピ」

という単行本を親子W売りで出版するのだ。

 私ならこの本、
たぶん買っちゃうような気がする。

 ダメですか?

PROFILE

山田ゴメス
山田ゴメス
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
OL、学生、フリーター、キャバ嬢……1000人以上のナマの声からあぶり出された、オヤジらしく「モテる」話し方のマナーとコツを教えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


1 + 五 =