関西人は出っ歯が多い?

 居酒屋などで酔いが回って、
調子こいでしゃべっていると、
すぐ私は、

口からぴゅんぴゅん

噛みかけの食べかすを飛ばしてしまう。

 そのたびに、いつも

「出っ歯だから口のシマリが悪いんよ〜」

などと地域不明の方言をからめながら
言い訳したりするのだが、

明石家さんまを筆頭に、

もしかすると、

関西人は関東人に比べ、
出っ歯が多いのでは?

と最近、思えてならない。

 で、あまりに
気になったので
調べてみると、

「歯並びの悪さは歯と歯茎、あるいは顎との関係がうまく行っていないためで、日本列島に最初にやってきた古モンゴロイドと、後からやって来たシベリアでの寒地適応をとげた大きな歯を持つ新モンゴロイドが混血の結果、大きな歯が小さな顎に生えるケース(=出っ歯)が生まれてきた。関西は渡来人(新モンゴロイド)が多いので、それだけ混血が多く、歯並びが悪い」

んだそうだ。

 やっぱり気のせいではなかったのか……。

 大阪人の私としては、
少しだけ救われた気持ちだが、
とはいっても、やはり

粗相は粗相

なのである。

PROFILE

山田ゴメス
山田ゴメス
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
OL、学生、フリーター、キャバ嬢……1000人以上のナマの声からあぶり出された、オヤジらしく「モテる」話し方のマナーとコツを教えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


6 × = 十八