ゲッツーでびんびん!

 私は、生粋の野球好きである。

 どのくらい野球好きかと言えば、この時期になっても、スポーツ新聞に「岡田監督」という見出しが踊れば、サッカーの岡ちゃんではなく、元阪神タイガース監督で、現オリックスバッファローズ監督の岡田彰布が、まず頭に思い浮かんでしまうくらいの野球好きである。

 基本的に、他人の趣味には無頓着なほうだと思うが、やはり彼女が野球好きであったなら、嬉しくないと言えばウソになる。

 私たちの小さい頃は、仕事から帰ってきたお父さんが、ビール片手に、一家に一台しかないテレビのチャンネルを独占し、ナイター中継に興じる風景が当たり前だった。

 なので、私たち世代の女性は、野球に興味があろうとなかろうと、一応のルールは把握していたものだ。

 でも、野球に馴染めないなら、完全に視界から遮断ことも可能な今のご時世、野球好きなヤング女子が激減しているのは明らかだ。

 こんなご時世だから、女子の口からゲッツーだとかアウトローギリギリだとか、そういう専門用語が飛び出しただけで、思わず私は勃起してしまう。

 とは言え、野球をまったく知らない、たとえば自分の彼女を、そのレベルまで育てるのは相当に骨がおれる作業である。

 心地よい夜風に生ビールをエサに誘えば、野球観戦デートはおおむね好評だ。でも、野球をまったく知らない人は、まずゴロとフライの違いがわからない。

バットで打ったボールがノーバウンド、つまり一度も地面に着かない状態で守っている側のグローブに入ったらアウトひとつ。一度でも地面に着いたら、そのボールを、バッターが一塁(右側の四角い板)に走るより早く一塁のグローブをはめている選手に渡してアウトひとつ……

 これだけでも書いてて気が遠くなる。けれど当たり前だが、その彼女に罪はない。

 私は今、2つの草野球チームに所属している。

 そこに応援に来てくれた彼女に、

今の初球流し打ち、けっこうシブかったね(ハートマーク)

と、ホメてもらうのが、私の淡くてささやかな夢。

 さらには、彼女とカップルで虎のハッピを着ながら、神宮球場で阪神×ヤクルト戦で

今のカーブ? いや、フォークなんじゃね?

などと、ソーセージカレーを食べながら語り合うのが夢。

 彼女が育つのが先か、私が野球人として現役を断念せざるを得なくなるのが先か……

けっこう切実なせめぎ合いなのではなかろうか?

onethree_02.jpg

私の所属する草野球チームの若手ふたりが、『OneThree』という肉食系筋肉デュオを組んで、音楽活動に勤しんでおります。チェック&応援、ヨロシクです!

OneThreeウェブサイト http://onethree.jp
荒田一耕(G&Vo)ブログ http://onethree-ikko.jugem.jp/
川本雄三(Vo)ブログ http://onethree-yuzo.jugem.jp/

2010.06.06 |  2件のコメント

PROFILE

山田ゴメス
山田ゴメス
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
OL、学生、フリーター、キャバ嬢……1000人以上のナマの声からあぶり出された、オヤジらしく「モテる」話し方のマナーとコツを教えます

“ゲッツーでびんびん!” への2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    僕は磯山さやかが好きです!
    その理由は、彼女が過去に番組で放った一言が、僕を虜にしたからです。

    好きな言葉は何ですかという質問に
       「6、4、3のダブルプレー」です。と答えていました。


    4、6、3ではない所に、僕は虜になりました!

  2. ごめす より:

    それはたしかに素敵すぎ!

    イマイチ、ソリッドさに欠ける、さえないねえちゃんだとしか思ってなかったんですけどね……見直しました!!(ゴ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


9 + = 十二