ホットアイスコーヒー?

 デイリースポーツで連載中の、具志堅用高氏のミニコラムが、今すごく面白い

 たとえば、氏の故郷である沖縄には、

ホットアイスコーヒー

なるものがあるそうで、東京にはソレがない、と延々嘆いてたりするのだ。

 では、ホットアイスコーヒーとは、いったい如何なるものかと問えば、

ぬるいホットコーヒー

のことをそう呼ぶのだ、と氏は主張する。

 アイスコーヒーを飲むにはまだ寒いけど、ホットコーヒーを飲むのはちょっと暑い……
みたいなときに、欲しくなるらしい。

 そいでもって、東京で「ホットアイスコーヒー!」と注文すると、
当然どこのお店でも「当店にはございません」ってことになるようで、
そういう場合は、仕方なくホットコーヒーとアイスコーヒーを同時に注文し、
先にホットコーヒーをちびちび飲んで残り量を半分くらいにしてから、
アイスコーヒーを混ぜて飲む

んだそうだ……と、そんなことも延々書かれているである。

 まさに、まったくもって、徹底して無駄な情報。

 でも、

こういう文章を書かせてくれる媒体って、最近めっきり少なくなってしまったなあ……。

 あ、Web SPA!さんが書かせてくれてますけどね。

 こういった一文の得にも一文の損にもならない情報こそが、今のご時世、むしろ心を癒してくれる……と、
感じるのは私だけだろうか?

※ちなみに、このデイリーのコラム、『具志堅伝説・人生ちょっちゅね』は、この4月23日で最終回となってしまいました。残念!

KFullNormal20100701117_l.jpg
老いてなおパワーアップ!

PROFILE

山田ゴメス
山田ゴメス
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
OL、学生、フリーター、キャバ嬢……1000人以上のナマの声からあぶり出された、オヤジらしく「モテる」話し方のマナーとコツを教えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


四 × 4 =