口臭が薔薇?

 加齢を重ねるごとに
頭髪同様、いや、あるいは、
以上に気がかりとなるのが

口臭

なのではなかろうか。

 歯茎の老化、虫歯の増加、
殺菌作用を促す唾液の分泌の減少……

(最近はクンニしても唾液不足でエロ味にターボがかからないこともままある)

いろいろ原因は挙げられる。

 たぶん、すべてが正解であるに違いない。

 とりあえず私は、

マメに歯磨きをする!

許されるかぎりガムを噛む!

いっそのこと口臭を上回る
ニンニクなどの食材をふんだんに使った
料理をデートの食事にチョイスする!

といった地道な行いで
みずからの口臭防止に努めているが、
先日、デイリースポーツを読んでいると、
こんな広告が目に止まった。

「口臭が薔薇の香りに!」

 「飲む」香りのサプリメントであるらしく、
これを飲んだら、たちまち、

「クサイって思われていないか不安でした」
(※註:この気持ちはよくわかる。口臭は腋臭に似て、長い期間ずっと自分と付き合っている匂いなので、誰かに「アンタ、臭いですよ」と指摘されないかぎり、大げさに言えば死ぬまで気がつかない可能性もなくはない)
という人が、自分に自信が持てるようになり、

寄り付きもしなかった娘が、

「お父さんいい匂い」と豹変までしてしまう

……んだそうだ。

 これがもし本当なら、
素晴らしいサプリメントであることに
間違いはないのだが、

薔薇の香り

ってのは、少々微妙だと思うのだ。

 これがたとえ
チューリップであろうと
ヒヤシンスであろうと
キンモクセイであろうと、
なんでもかまわないのだが、
いずれにせよ、
もうおそらく人生の折り返し地点を
過ぎてしまった
私のような人間からすれば、
花の香りは、一括りで

お葬式の香り

あえてもっと言うなれば

死のイメージ──死臭

なのである。

 ちなみに、

少量で人を死に至らしめる
青酸カリは桃の匂いがする

らしい。

 やはり口臭は

ミントの香り

とかの、わかりやすい匂いで
防ぎたいのが私個人の意見である。

とは言え、ちょっとだけ欲しかったりもする。

PROFILE

山田ゴメス
山田ゴメス
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
OL、学生、フリーター、キャバ嬢……1000人以上のナマの声からあぶり出された、オヤジらしく「モテる」話し方のマナーとコツを教えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


九 − 1 =