電車とニッポン

 東京に住んで、早くも
30年が経とうとしているが、

10年20年前と比べ、
人身事故や車両事故で
電車が止まってしまうことが
多くなっているのでは?

と感じるのは気のせいだろうか。

 いや、おそらく
気のせいじゃないと思う。

 私鉄や国鉄や地下鉄の相互乗り入れが
さかんになって、路線ダイヤが年々複雑に
なっているからだ

とは、よく言われる。

 でも、本当にそれだけなのか?

 先の見えない不景気によって
鬱な空気が世に蔓延し、
つい、ふらっと線路に飛び込む人が
増えているのかもしれない。

 あるいは、ここ近年、
日本人の勤勉さが徐々に
失われてきつつあるのかもしれない。

 もちろん、

その両方ともが原因として正しい

可能性だって、なくはない。

 もういいじゃないか。

中国に負けたって
韓国に負けたって
アフリカに負けたって。

「これからの日本は
美しい二流国家
を目指すべきなんです」

とは、かの

坂本龍一

の言葉である。

PROFILE

山田ゴメス
山田ゴメス
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)
OL、学生、フリーター、キャバ嬢……1000人以上のナマの声からあぶり出された、オヤジらしく「モテる」話し方のマナーとコツを教えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


四 + = 9