雑学

チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて――爪切男のタクシー×ハンター【第十三話】

終電がとうにない深夜の街で、サラリーマン・爪切男は日々タクシーをハントしていた。渋谷から自宅までの乗車時間はおよそ30分――さまざまなタクシー運転手との出会いと別れを繰り返し、密室での刹那のやりとりから学んだことを綴っていきます。

チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて――爪切男のタクシー×ハンター【第十三話】「早くお家に帰ってオナニーをしよう」

 「飾りじゃないのよ涙は」とまでは言わないが、人よりは泣くことが少ない人生を送ってきたように思う。

 初めて人前で泣いたのはいつだったか。おそらく小学校高学年の時になる。私が通う田舎の小学校に、フランス人の可愛い女の子が転校してきた。貿易業を営む両親の都合で半年間だけ日本に滞在するのだという。人形のように美しい容姿と人見知りをしない明るい性格も合わさり、彼女は一躍うちのクラスの人気者となった。私は特に親しく話す機会はなかったのだが、音楽の授業で、幼少から学んでいるピアノの腕前をみんなの前で披露した時の、彼女の横顔の美しさを大人になった今も鮮明に覚えている。

 半年後、母国に帰る彼女の送別会が開かれた。生徒一人一人が彼女への別れの手紙を読み上げ、両手で持ちきれないほどの大きな花束を渡した。少しだけ上達した日本語で「ズットトモダチデス、アリガトウ」と彼女は泣きながら言った。お別れ会のラストは、彼女から私達にお返しのプレゼントがあるということで、クラス全員が横一列に並ばされた。彼女は照れ臭そうに一人一人のほっぺたに軽くキスをしていった。いかにも外国人が考えそうなことだなと心の中で悪態をつきながらも、自分の順番が来るのをいまかいまかと待ちわびていた。いよいよおとずれたキスの瞬間、彼女は私のほっぺたにはキスをせず、キスをしたかのような演技をした。その瞬間、私の中にある女性への歪んだ感情が決壊してしまった。

⇒当連載を大幅加筆修正のうえ書籍化した『死にたい夜にかぎって』が発売中

文/爪 切男 ’79年生まれ。会社員。ブログ「小野真弓と今年中にラウンドワンに行きたい」が人気。犬が好き。 https://twitter.com/tsumekiriman

イラスト/ポテチ光秀 ’85年生まれ。漫画家。「オモコロ」で「有刺鉄線ミカワ」など連載中。鳥が好き。 https://twitter.com/pote_mitsu

死にたい夜にかぎって

もの悲しくもユーモア溢れる文体で実体験を綴る“野良の偉才”、己の辱を晒してついにデビュー!

⇒立ち読みはコチラ http://fusosha.tameshiyo.me/9784594078980




おすすめ記事