雑学

男性保育士には男子児童が懐かない!? 女性が多い職場で働く男の苦悩

 しきりにダイバーシティが叫ばれる昨今。職場での男女格差も埋まりつつあると思う人もいるだろうが、なかにはいまだに男女比率が極端な業種も少なくない。そんな現場で働く“職場マイノリティ”たちの悩みを徹底調査した!

保育士編(比率:男<女)


保育士

※写真はイメージです

 僅か2.8%しかいない男性保育士(’10年/内閣府男女共同参画局)。女性専門というイメージは、雇い主さえも感じるようだ。

「就職面接で園長から『何で保育士に!?』と、なかなか納得してもらえませんでした」(男性・26歳)

 もちろん、この疑問は純粋な子供たちにも通じ、「何で男の人なのにエプロン着けてるの~?」と毎日大合唱のごとく聞かれるというから大変だ。

次のページ 
子供を乗り越えれば次は親との問題が…

1
2




おすすめ記事