ニュース

警戒をとくことには成功したが、課題も残った安倍・トランプ「ゴルフ」外交【評論家・江崎道朗】

 加えて安倍政権を支える与党幹部が親中派だと見えていることも、この「警戒心」を増幅している。どのような人事をするかで、その政権の政策を占うのは普通のことだ。  まず、安倍政権は、与党自民党のトップ(幹事長)に、二階俊博氏を指名している。ご本人からすれば心外だろうが、二階氏はかつて親中派と呼ばれていた。連立与党の公明党も、支持母体の創価学会が中国と親しいことは有名だ。よって外国から見れば、安倍政権は「親中」政権だと分析される。  しかも、これだけ中国が軍事的に台頭し、中国の軍艦や戦闘機が連日のように尖閣諸島周辺海域を脅かしているのに、安倍政権は防衛費をほとんど増やしていない(補正予算に防衛費を盛り込むという異例の手法を使うなど、歴代政権に比べれば安倍政権は相当努力しているが)。  このため、安倍総理は実は隠れ親中派ではないのかと、マティス国防長官の周辺は疑っていたと聞く。こうした事情を踏まえると、トランプ大統領が2月10日の記者会見で安倍首相に向かい、「この機会に、あなたと日本の国民が米軍駐留を受け入れてくれていることに感謝する」と語りかけた言葉を額面通りに受け止めていいのか、微妙ではないだろうか。

日本はアメリカでもっとも雇用を拡大していた

 安倍総理を厚遇したのは、経済力がある日本を中国に追いやらないようにしておく必要があると、トランプ政権が判断した可能性もある。トランプ政権にとって最大の課題は、アメリカ国内の雇用の拡大だ。そして「アメリカでもっとも雇用を拡大している国は日本」なのだ。  1月23日、みずほ総合研究所は『「トランプ政権の誕生」~米国は何をしようとしているのか 日本はどうすべきか~』と題する報告書を公表し、以下のようなデータを示した。国籍別の製造業雇用で見ると、以下のとおり。 ①日本 38.3万人 ②ドイツ 31.4万人 ③英国 24.9万人 ④カナダ 23.9万人 ⑤フランス 20.5万人 ⑥スイス 19.6万人 ⑦アイルランド 14.4万人 ⑧オランダ 9.8万人 ⑨イタリア 8.3万人 ⑩スウェーデン 7.5万人  日本は断トツでトップだ。  もっと雇用を拡大していることを示すデータもある。経済産業省「第45回海外事業活動基本調査結果概要-平成26(2014)年度」によれば、日本企業のアメリカにおける現地法人の常時従業者数は、65万7648人に及ぶ。この場合の現地法人とは、日本側出資比率が10%以上の海外法人及び日本側出資比率が50%超の海外子会社が50%超の出資を行っている海外法人を指す。  どちらにせよ、トランプ政権の最優先課題であるアメリカ国内の雇用拡大に最も貢献している国は、日本だったのだ。  こうした実績と、安倍総理本人の個人的な力量のおかげで今回、トランプ大統領との良好な関係を構築することに成功したといえよう。
次のページ 
尖閣の実効支配に踏み切らない日本への疑念
1
2
3
アメリカ側から見た東京裁判史観の虚妄

アメリカを浸蝕したコミンテルンの魔手「ヴェノナ文書」で明らかにされた日米開戦の真実−。日本も、ルーズヴェルトも嵌められたのか? いまアメリカで進む「歴史観」の転換に迫る。


マスコミが報じないトランプ台頭の秘密

トランプが世界を救う!権利や平等の名の元で破壊されつつある米国に立ち向かうトランプ。米国の惨状とトランプ人気の秘密がコミンテルンハンターとして名高い著者によって明らかとなる!


コミンテルンとルーズヴェルトの時限爆弾―迫り来る反日包囲網の正体を暴く

外国勢力に手玉に取られる日本の現状に警告を発し、日本の取るべき対応の核心を衝く





おすすめ記事