なぜ人はブラック企業で“奴隷労働者”となってしまうのか?

 賃金労働者の4割が非正規になった――。昨年11月4日に厚生労働省が発表した「就業形態の多様化に関する総合実態調査」によると、パートや派遣など、いわゆる「非正社員」の占める割合が、初めて全体の40%に達したのだ。

ブラック企業で“奴隷”労働者となってしまう人の特徴 1990年には20%だった(総務省「労働力調査」)ことを考えると、25年間で倍増しており、新卒の4割も同様に非正規となっている。今年3月に『村に火をつけ、白痴になれ――伊藤野枝伝』(岩波書店)を上梓した政治学者の栗原康氏は、こうした労働環境がブラック企業の“奴隷”を生み出してしまうと説明する。

「非正規で生きていて、少しでも働けない状況になると、死ぬぞという危機感がみんなどこかにあり、それが過度に煽られている。都内でアルバイトをしながらアパートで暮らしていて、身体を壊してしまったとします。バイトだと貯金ができていなくてアパートを追い出されてしまい、そうすると次の仕事も、住所がなくなったら見つけられなくなってホームレスになる。しかもホームレスになると、そんなわけないのに、イコール、死というイメージを抱いてしまう。だから、ずっとバイトだけでやっていくと、この仕事を失ったら終わるぞという恐怖がどこかにある。そこがうまく利用されてしまっていますよね」

 この仕事を失ったら、自分は死んでしまうのではないか――こうした危機感こそが、労働者を奴隷として働かせるためには都合のいいものとなる。

「人間の生存というもの、生殺与奪の権利が奪われてしまうと、主人に従わなければ死ぬ、殺されてしまう、そう思って何でも言うことを聞いてしまうんですよね。これってまさに奴隷に近いんです。労働力は、自分の身体を商品として、モノとして扱ってもいいということなんですけど、この起源は奴隷労働です。これが当たり前になると、生きていられるなら奴隷でもいい、少しくらい賃金がなくても、仕事があるだけまだマシだと考えてしまうんじゃないでしょうか」

 現代では、非正規社員だけではなくて、正社員も例外ではない。

「正社員でも、長期雇用の発想はもうないじゃないですか。20代でも30代でもいつリストラされるかわからない。だから基本的に、会社に文句は言えない。もし会社をクビになり、すぐに再就職先が見つからなかったら、そのあと非正規になるしかないわけです。いちど非正規になると、そこから正社員になれる確率は4人に1人です。だから、いちど失敗してしまったら非正規であり続けて、そして身体を壊したら死ぬんじゃないか。その恐怖って、正社員も持っているんですよね」

次ページじりじりと植えつけられている転落の恐怖

村に火をつけ、白痴になれ――伊藤野枝伝

100年前を疾走した伊藤野枝が、現代の閉塞を打ち破る


現代暴力論

わたしたちは、いつだって暴動を生きている

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中