雑学

ネット情報に踊らされたうつ病患者の行く末。自己判断で“断薬”したら緊急入院するはめに…

 今、「医療不信」が話題だ。各週刊誌で取り上げられ、賛否を巻き起こしている。だが、一般の患者はどのように医者や医療に不信感を抱いていくのか?

岩本さん

「抗うつ薬の服用を止めた時期、ストレスのあまり、1日に1箱だったタバコが5箱に増えました」と語る岩本さん

 危険な薬を煽る記事が多くあるが、最も危険な行為はそれを鵜呑みにして突然、薬を断つ行為だ。就職でのトラブルが原因で精神科に行き、2年前うつ病と診断された岩本哲夫さん(仮名・32歳・無職)はその典型といえる。

「精神科で抗うつ薬のパキシルを処方されたことで症状が一時的に緩和、転職にも成功しました。ただ、仕事中に気分が高揚したり、背中の鈍痛やめまいに襲われたりといった症状が出始めたのです」

 岩本さんが症状を訴えるも同じ薬を処方されるだけ。徐々に「医師への不信感が芽生えた」という。

「おかしいと思って、別のクリニックを回ってみたんです。そこで、今度は抗うつ剤のSSRIを処方させられました。ただ、一向に鈍痛などの症状が収まる気配はなかった」

次のページ 
ネットの情報などから勝手に断薬…

1
2
3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

納得の診療をうけるための「受診のコツ」を紹介





おすすめ記事