カーライフ

“富裕層の足”ディスカバリー vs “平民の足”フリード。7人乗りファミリーカー対決

 まずホンダ・フリードについて。 ⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1361556
フリード

188万円~、ハイブリッドもあるフリードには6人乗りと7人乗りモデルがあります

フリード フリード「このクルマ、ちっちゃいですよね? なのにこんなに中が広いって、スゴイです!」(松井)  松井さんがお乗りの欧州車では、絶対実現不可能な極限の貧乏性が炸裂してますから! 「これなら車中泊の旅とかもできそうですね。私も昔、車中泊でずいぶん温泉巡りをしました!」  確かに車中泊はフリードのウリ。ディスカバリーでもやれないことはなさそうですが、シートを倒して平らにすると床が傾いちゃうし、グランピングのほうが似合いそうです。 「でもフリードって、見ても乗っても、気分がアガらないですね」  それはまあ……。 「高原にドライブに来るなら、ポルシェのほうがいいんじゃないでしょうか。この辺でよく見るんですよ、オープンのポルシェ」  確かに! フリードよりポルシェのほうが、気分がアガります! ただ、ポルシェは室内が狭いし、雪が積もるとツライ。で、こちらのディスカバリーはいかがですか? ⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1361559
ディスカバリー

779万円~、ディスカバリーにはガソリンターボとディーゼルターボがございます

ディスカバリー ディスカバリー「これもポルシェと同じくらいステキだと思います。ただ、幅がものすごく広くないですか?」  ちょうど2mです。 「我が家の前の砂利道だと、このクルマはちょっとつらそう。雪が積もると、道幅が狭くなっちゃうし」  タテも5mありますからね~。ちなみに居住性に関しては、このデカさでようやくフリードとほぼ同等。それでもSUVとしては非常に広いほうです。富裕層がフリードに乗るわけにはいきませんから、そういう意味で貴重な存在なんですよ。 「私も以前BMWのX3に乗ってましたけど、意外と広くなかったです。あと燃費がすごく悪くて困りました。これはどうですか?」  大丈夫。このクルマはディーゼルなので、燃料代はフリードとも大差ありません! 「それはいいですね! パワフルだし、ディーゼルとは思えないくらい静かだし」  最後に松井さん、ディスカバリーでものすごい急登坂と急坂下りを体験して、すっかりこのクルマのファンになりました。 「すごいです! 崖から落ちても這い上がれそう! これはフリードにはできないでしょう~」  まあフツーは、こんな性能いらないですけどね……。高いし。
ディスカバリー、フリード

クルマを移動の道具と割り切る人と、クルマに趣味性を求める人では意見がまったく異なるでしょう。まあ、カネがあれば2台買えばいいんですけどねー

【結論】 やっぱり国産ミニバンの居住性はすごい! 全長4.2m全幅1.7mで、巨大なディスカバリー以上の広さを確保! 車中泊もOK!でもクルマで気分をアゲたいなら、800万円出してディスカバリーを買いましょう!1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。清水草一.com
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事