雑学

マスクでインフルエンザは予防できない!? むしろ逆効果だった…

 よかれと思ってやっていた予防法が逆効果だった!? 新たな学説や研究結果により、これまで信じて疑わなかった常識が覆ることがしばしばある。なるべく賢くお得に生きるためにも、常識は常日頃から更新しておこう!

マスクの着用でインフルエンザ予防はできるのか


マスク 今冬も猛威をふるいそうなインフルエンザ。「感染予防のためにマスクを」という習慣も広まっている。だが自治医科大学附属病院・感染制御部長の森澤雄司氏は、「その効果の評価は正直難しい」と語る。

「インフルエンザは基本的に飛沫感染か接触感染。『感染者の咳・くしゃみを近くで口や鼻から吸い込む』『ウイルスのついたつり革やドアノブに触れ、その手で自分の鼻や口に触れる』という経路で感染します。そのためマスクをしても、つけ外しの際に、手で口や鼻に触れたら感染は防げません。むしろ非着用時より、手や口に触れる機会が増えることで、感染のリスクが増大するともいえます」

 なお空気感染の可能性は低く、WHOもインフルエンザについては「健康な人はマスクをする必要はない」との考えを示している。

「正しいつけ方をすればそれなりに効果はあるかも、という程度です。こまめに手指のアルコール消毒をするほうがずっと効果的です。また、『ウイルスを拡散させないためのエチケット』としてはそれなりに意味がありますが、100%感染を防げるものではないので、自宅療養をすべきですね」(森澤氏)

 なお花粉症対策や、風邪の際の喉の保湿には有効なのでご安心を。

【正解】
鼻や口をベタベタ触ると非着用時より感染リスクは増大

― [今どきの常識]どっちが正解なのか? ―




おすすめ記事