エンタメ

宮沢りえのヌード、山口百恵の水着ショットも…篠山紀信 選りすぐりの120作品を公開する「篠山紀信展 写真力」

篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN

山口百恵(1977年)

 写真家・篠山紀信の写真展「篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN」が2017年1月4日~2月28日、横浜美術館にて開催される。篠山の50年以上にわたるキャリアから、本人選りすぐりの約120点が大型パネルで展示される。

 展覧会は「GOD 鬼籍に入られた人々」「STAR すべての人々に知られる有名人」「SPECTACLE 私たちを異次元に連れ出す夢の世界」「BODY 裸の肉体―美とエロスと闘い」「ACCIDENTS 2011年3月11日―東日本大震災で被災された人々の肖像」の5つの章で構成され、ジョン・レノンから三島由紀夫、美空ひばり、山口百恵、吉永小百合、松田聖子、長嶋茂雄、北野武、宮沢りえ、そして東日本大震災の写真まで、篠山紀信が切り取った世界が公開される予定だ。

⇒【写真】はコチラ(宮沢りえ、夏目雅子ほか)
https://nikkan-spa.jp/1260387


篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN

宮沢りえ(1991年)

 同展が初めて開催されたのは2012年、場所は東京だった。その後は全国25会場で開催され、75万人以上もの来場者を記録。関東圏では2013年の群馬以来で、今回は初の横浜開催だ。高さ3メートル、幅4.5メートルの山口百恵や、長さ約9メートルの後藤久美子など、特大サイズの篠山作品が目白押しとなっている。

 篠山紀信も「この展覧会は美術館の大空間と、圧倒的インパクトのある写真との戦い。つまり空間力VS写真力のバトルです。鑑賞ではなく体感!是非ご自身の体をその空間の中に浸してみてください。横浜美術館でお待ちしております」とコメントしており、実際に1月7日には、篠山本人が来場してトークショーが行われる。定員240人、参加は無料で、トーク終了後にはサイン会も実施される。

 美術館での写真展に疑問を抱いてきた篠山にとっても、開催地ごとに異なる強烈なインパクトには驚きを隠せないという。作家自身にも新たな発見がある写真展だが、横浜展では横浜出身の昭和の歌姫・美空ひばりや、伊勢佐木町の路上ライブから出発した北川悠仁と岩沢厚治によるデュオユニット・ゆずなど、横浜にゆかりのある人物たちの写真も新たに加えられている。

篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN

ジョン・レノン オノ・ヨーコ(1980年)

篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN

美空ひばり(1986年)

篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN

夏目雅子(1982年)

篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN

ウラジーミル・マラーホフ(1998年)

 ここでは、篠山紀信本人の選りすぐり120作品の中から、特別に6つの作品を公開している。貴重な山口百恵の水着ショットから、かつて世間に衝撃を与えた宮沢りえのヌード写真まで、男心をくすぐる作品をピックアップした。稀代の写真家がたどった50年の軌跡の一部を堪能してほしい。

<取材・文/日刊SPA!取材班>

●篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN
日時:2017年1月4日(水)~2月28日(火)10:00~18:00 ※2月23日(木)は16時、24日(金)は20時30分まで(入館は開館の30分前まで)
場所:横浜美術館
休館日:木曜日 ※ただし1月5日(木)、2月23日(木)は開館
料金:一般1,500円(1,300円)大学・高校生1,000円(800円)中学生600円(400円)※()内前売り料金、小学生以下は無料、65歳以上は1,400円





おすすめ記事