雑学

お坊さんの修行ってどれだけ厳しいの?「与えられるのは一畳のスペースのみ、そこで何年間も…」

 日本の文化に古くから根付き、法事・法要に欠かせない「お坊さん」という職業。彼らがお坊さんになるために、厳しい修行を積んだことは想像に難しくない。では実際、見習い時代はどのような生活を送るのか、その果てに悟りは開けるのか、気になるところではないか。

 先日、友人たちとの新年会で偶然出会ったAさん。初対面だが、ボウズ頭であることから冗談まじりに「お坊さんですか?」と聞けば、まさかの「その通りです」との返答。一般的な会社員などの職業とは異なり、なかなか出会う機会も少ない。ぜひ疑問をぶつけてみたい。

 そこで、筆者がライターであることを告げると、修行時代にかんしては宗派や寺によっても異なり、狭い世界であるがゆえ、顔や名前はもちろん、細かい部分は伏せてほしいと前置きしたうえで話を聞かせてくれた。

※写真はイメージです。本文とは一切関係ありません

次のページ 
規則正しく生活するのが第一歩

1
2
3




おすすめ記事